Rinrinviaje’s diary

世界25ヶ国以上を旅した経験から、旅のお役立ち情報や各国の魅力を紹介をします!

インカレールでマチュピチュ村へ〜オリャンタイタンボからの乗り方〜

f:id:rinrinviaje:20190206105046j:plain

こんにちは!りんりんです。

 

なんだか久しぶりの投稿。1ヶ月も南米を周遊していたので、全然追いついてない!というか伝えたいことありすぎて書ききれない!少しずーつ書いていきますね。気長に待ってね。(そうこうしている間にみんな旅終わっちゃうね。笑)

 

今回はオリャンタタイタンボからマチュピチュ村へのインカレールでの行き方をご紹介します!

 

マチュピチュ村へ電車で行く場合、インカレールかペルーレールに乗ることになります。それぞれ時間と値段、出発駅の選択肢が異なりますので、自分の旅のプランにあったものを選びましょう。今回は、私が実際に乗ったインカレールをご紹介します。

 

 

Inca Rail

地球上で2番目に標高の高い線路を駆け抜けるインカレール。

クスコからとオリャンタイタンボから、どちらかの駅から乗車することができます。クスコからの乗車時間は4時間弱。オリャンタイタンボからは約1時間半。クスコから乗ると費用がかなりかかるので、個人的にはクスコからオリャンタイタンボまでコレクティーボで移動し、オリャンタイタンボからインカレールに乗ることをオススメします。

 

 

合わせて読みたい

 

電車のサービス(クラス)

インカレールのサービスは全部で4種類。そのうちオリャンタイタンボからマチュピチュ村へは3種類のクラスがあります。

 

The Voyager

214~254s/(約7,200円〜8,700円)

※料金は時間帯によっても異なるようです。

こちらは最もリーズナブルなクラス。軽食と飲み物がでます。天窓もついており、十分に景色を楽しむことができます。

 

The 360°

288s/ (約9,900円)

The Voyagerに比べて窓が高く、広い車両のThe 360°

景色を眺められるワゴン車両がついており、自由に出入りして写真を撮ることが可能です。美しいパノラマを眺め、外の空気にも触れることができるのでオススメです。

 

The First Class

846s/(約29,000円)

料金が跳ね上がりますね。その分リッチな電車旅になること間違いなし。

サービスは、食事と飲み物が豪華になり、バーやラウンジ、バルコニーがついているそう。音楽も生演奏されるようです。

私は学生バックパッカー旅だったのでこの選択肢は即却下でしたが、もっとお金持ちになったら贅沢したいですね〜。

 

詳細は、インカレールホームページへ。

▷ Train from Cusco to Machu Picchu | Inca Rail

HOMEの下の方にそれぞれのサービスの比較が載っています。日本語はありませんが、写真でなんとなくイメージができると思います。

 

f:id:rinrinviaje:20200301141110p:plain

 

運行スケジュール

こちらがオリャンタイタンボからマチュピチュ村へのスケジュール。約1時間半で到着します。

 

  Ollantytambo to Machupicchu
The Voyager 06:40→08:01
The 360° 07:22→08:48
The Voyager 11:15→12:41
The First class 11:15→12:41
The 360° 11:30→13:06
The 360° 12:36→14:00
The Voyager 16:36→18:09
The Voyager 19:27→21:09

  ※2020年3月1日現在

 

マチュピチュ村についてからのスケジュールとマチュピチュ遺跡への入場時間を考慮してチケットを購入すると良いでしょう。

マチュピチュ村に着いてから遺跡まではシャトルバスで移動します。所要時間は約25分ほど、チケット売り場では5分ほど並びました。私たちはのんびり南米を周遊していたので、夕方移動で次の日の朝にマチュピチュ遺跡へ行きました。

 

 

チケットの予約・購入

チケットの予約はこちらのサイトでできます。

 

▷ Train from Cusco to Machu Picchu | Inca Rail

 

言語は右上のプルダウンで変更。英語かスペイン語ポルトガル語、フランス語のみ選択可能です。

 

①Trip Type

Round Tripは往復、Outward journeyは往路、Return journeyは復路です。

②Date

乗車する日にちを選択します。

③N°passengers

乗車人数を選択します。

④See Prices in

通貨を選択します。

⬇︎

Ollantytambo - Machu Picchu を選択、希望のクラス・時間を選び、そのままContinueをクリックします。

⬇︎

自分の名前、国籍、電話番号、パスポート番号などを入力しContinue。

支払い画面へと進みます。カードを入力して支払いを済ませれば予約完了です。

 

 

ホームページからの予約以外に、クスコについてから現地の旅行代理店で購入することも可能。

私たちが2月に旅行した際には、クスコについてから遺跡の入場チケットと一緒にインカレールのチケットも購入しましたが、予約がいっぱいということはありませんでした。その他の遺跡への入場チケット等もまとめて購入することができるので便利でした。

 

荷物制限について

持ち込み可能な荷物は重量8kg、3辺の合計が118cmとされています。

 

実際のところ荷物制限はあるか?この点はみなさんとても気になるところだと思います。乗ってみると、乗車前には大きさや重さを図られることはありませんでした。多少オーバーしていても問題ありません。

 

ただし、電車の中は自分の座席しかスペースがなく、荷物棚などがありません。そういった意味で、荷物制限が設けられているのだと思います。スーツケースなどは持ち込まず、自分の座席スペースにおける分だけの荷物を持っていくようにしましょう。

 

スーツケースは、クスコの宿などに置いておくことができます。宿泊日がマチュピチュに行く前、あるいは帰ってきてからの場合でも荷物は預かってもらえますので、宿に事前に確認しておくといいと思います。 

 

 

インカレールに乗ってみた

インカレールのThe Voyagerに乗ってみました!💛お金があればもっと高級なやつに乗りたかったのですが...学生旅なのでこれでも十分贅沢です。午前中にオリャンタイタンボの遺跡を楽しみ、16:36初の電車に乗るため駅に向かいました。

 

乗り場 

Estación Ollantaytambo

 

f:id:rinrinviaje:20190204155546j:plain

駅はマチュピチュに向かう人々で賑わっていて、これから始まる未知の旅にワクワクがとまりません。さっきまで誰もいなかったのに、急に日本人がたくさん現れました。どこから出てきたの?って感じ笑

 

チケットには「C乗り場」と。ホームに向かうと乗り場はありませんでした。

「どこだろ〜」と友達と待っていると、Cという看板を持ったお姉さんが登場!ここでは手動で乗り場を設置するらしいです。原始的。(笑)

 

f:id:rinrinviaje:20190204155959j:plain

 

そして電車が到着〜!なんというか...山塊をバックにドーンっ!と登場してめっちゃかっこいい!感動です。涙

ついにあのマチュピチュ遺跡にいくのか〜!となんとも言えない気持ちになりました。探検隊になった気分。これから待ち受けている世界にとても心が踊りました。

 

いざ乗車!

ゴトンゴトン...とジャングルを駆け抜けて、何かのアトラクションかと思いました。インディージョーンズ的な。どこまで見渡してもアンデスの山々。本当に心が浄化されます。

 

f:id:rinrinviaje:20190206110835j:plain

 

The Voyagerのいいところは景色を眺められるワゴンがあること。

ここでぼーっとインカの大自然を眺めるのが最高でした。みんな写真を撮ったり音楽きいたり、思い思いに絶景に浸っていました。

 

f:id:rinrinviaje:20190206112202j:plain

 

約1時間半の電車旅を経てマチュピチュ村に到着!!!

私たちはここで一泊します。次回はついにマチュピチュ遺跡へ。

f:id:rinrinviaje:20190205155308j:plain

 

合わせて読みたい