Rinrinviaje’s diary

バルセロナ留学・ワーホリ体験談!世界25ヶ国105都市を旅した経験から、旅のお役立ち情報や各国の魅力を紹介をします♡

【2024年最新】スペインワーホリビザの申請方法を徹底解説!

こんにちは!りんりんです♪

今日は、スペインワーホリビザの取得方法について最新情報をお届けします٩( 'ω' )و

書類の書き方やビザ申請一発OKのためのポイント、よくある失敗などを解説していきます。

 

*これからVISAを申請される方

*ワーホリのための情報収集をしている方

*準備・スケジュールを考えていきたい方

*ミスなくVISA申請を済ませたい方

 

におすすめの記事です。

 

スペインワーホリビザとは?

f:id:rinrinviaje:20240620124248j:image

スペインのワーホリビザの発給枠は年間500人で、先着順と言われています。出発予定日の90日前からしか申請ができないため、申請前に枠が無くなってしまわないか...という心配もあるかもしれませんが、6月でも無事に申請ができました。

 

実際には、2017年にスペインと日本がワーホリ協定を結んでから、2024年までの間にコロナが数年間あり、このビザを取得する方はまだまだ少ないように思います。ビザの枠が定員に達したという情報は今までに一度も聞いたことはありません。

 

ただし、この情報は2024年6月時点のものですので、今後変更になる可能性もあります。正式な情報は、スペイン大使館のホームページから確認しましょう。

 

余談ですが...スペインと日本のワーホリ協定が結ばれた2017年というのは私にとって特別な年で、ちょうど1年間のバルセロナ留学から帰ってきた年なのです!日本に戻ってからワーホリの協定が結ばれたというニュースを知り、「めっちゃラッキー!またスペインに行こう💓」と、あの時から心のどこかで決めていました。

スペインをワーホリ先に選ぶ人は、「稼ぐために...」とか「将来のために...」といったことを考えている人は少なく、「純粋に好きだから」というとても感覚的な理由の人が多いように思います。(笑)キャリアを考えたときに、ワーホリでわざわざスペインを選ぶ人はあまりいないかな、と正直思う。(笑)

 

ビザ申請に必要な期間とスケジューリング

f:id:rinrinviaje:20240620115506j:image

スペインのワーホリビザは、出国予定日の90日前から申請が可能となっています。申請してから手元に届くまでは約2ヶ月と言われており、実際にはそれよりも長引くことがあります。

かなりギリギリになるようで、最悪の場合は出国予定日に間に合わずに航空券を変更するハメになるという話も聞いています。

さらに、海外保険の手続きはビザがおりてからしかできないため、保険の準備も踏まえるとなるべく早く申請しておくと安心です。

出国予定日の90日前になったらすぐに申請しに行くことをおすすめします。

 

<スケジューリングのコツ>

①出国日を決める

②航空券を買う

③出国日から逆算して90日以内のなるべく早いタイミングにVISA申請日を決める

④VISA申請日から逆算して1ヶ月以内に健康診断書を取りに行く日を予約する

⑤VISA申請日から逆算して1ヶ月以内に残高証明書を発行する日を決める

⑥VISA申請日から逆算して90日以内に住民票を取りに行く日を決める

 

ワーホリビザ申請に必要な書類

まずはざっと必要書類の一覧を。2024年の注意点は、必要書類に無犯罪証明書が加わったことです!

この後のパートで各書類の概要や書き方など、詳しくポイントをお伝えしていきます。

 

1. 査証申請書

2. 写真(4.5×3.5cm)1枚(カラー写真で、背景が白色)

3. パスポートとコピー2部(A4サイズ)

4. 住民票

5. 航空券の予約証明(1年オープンの往復航空券または往路のみ)

6. 経済能力の証明(2.000ユーロ相当額以上)下記のいずれか1つ

 a. 本人名義の残高証明書の原本(和文でも可。発行日から1ヶ月以内のもの)

 b. 本人名義の銀行通帳のコピー

7. 健康診断書(医師が記入、署名、捺印。発行日から1ヶ月以内のもの)

8. NIE申請書

9. NIE申請フォーム

10. NIE申請費(1,527円)

11. ワーキングホリデービザ申請に伴う宣誓書

12. Plan de viaje(旅行日程表)

13. 無犯罪証明書(原本。未開封のもの)

 

在日スペイン大使館のビザ情報はこちら

 

申請書類の準備・書き方のポイントはこちら

1.査証申請書

8.NIE申請書・9.NIE申請フォーム

 

12. Plan de Viaje

 

13. 無犯罪証明書

 

 

大使館に行くときの注意点

f:id:rinrinviaje:20240620114036j:image

申請者本人が必ず大使館に出頭する必要があります。スムーズにいけば、出頭は全部で申請時と受領時の2回です。事前予約は不要ですが、平日9時〜12時半の間に窓口に行く必要があります。平日しか受け付けていないので、仕事がある場合は事前にスケジュールを立てておく必要があります。また、自分の番が来るまでにかなり待つので、午後に仕事に戻る予定がある場合は、ゆとりを持って時間を確保しておくことをおすすめします。

 

大使館に行く日は、朝一に行くことをおすすめします。営業開始時間の9:00ぴったりに行くのではなく、8:30ごろから門の外で並んで待つのがおすすめ。

スペイン人の呼び出し番号と日本人の呼び出し番号が分かれており、交互に呼ばれていきます。たとえ自分の方が早く着いていても、スペイン人の方が先に呼ばれていくため、待ち時間がかなり長くなります。

 

私が申請に行った時は、平日8:30についた時にすでに5人も並んでいました。

私は訳あって一度大使館を離れ、再度9:00に行って番号札をもらったのですが、そこから約1時間待って10時ごろに自分の番がまわって来ました。

 

スペインへ留学経験がある人は、申請料がちょっとお得になる♪

f:id:rinrinviaje:20240620114150j:image

申請がスムーズできてとても嬉しかったのですが、さらに嬉しかったことに、過去の留学時に申請していたNIE(外国人登録番号)が今もスペインに登録されているため、その番号をそのまま使えるらしい!

スペインへの留学経験がある方はこういうケースがあるみたいです。

ずっとスペインの一員として認定されているみたいでとっても嬉しい♪

通常、NIEの申請料は1,527円ですが、私は1,134円で若干安く済みました!

 

 

以上、スペインワーホリビザの申請方法でした。

 

ビザの準備が終われば、出国まで残りわずかですね♪

後少し、みんなでがんばろ〜💓

 

 

合わせて読みたい