Rinrinviaje’s diary

旅する植物療法士。世界25ヶ国105都市を旅した経験と植物療法士としての知識から、お役立ち情報や各国の魅力を紹介をします!

【冬のバルセロナ】絶対いきたいチュロスとホットチョコレート|スペイン観光

こんばんは!りんりんです!

今日は冬のバルセロナ情報♡

冬のバルセロナは、夏の太陽煌めく雰囲気とはまた違った魅力がありますよね。

f:id:rinrinviaje:20231226210456j:image

バルセロナの人々はとってもあたたかいのだけど、その温もりが冬はより一層身に染みます♡

はぁ、大好き。

 

さて、今日は冬にバルセロナに行かれる方に、絶対おすすめしたいチュロスホットチョコレートを紹介します!

 

*冬のバルセロナで絶対にしておきたいことは?

バルセロナってなんでチュロスとチョコレートが有名なの?

バルセロナチュロス屋さん、どこがいい?

バルセロナのスィーツを食べるなら?

 

こんな疑問におこたえします♪

 

 

バルセロナチュロスホットチョコレートとは?

チュロスの起源は、実はスペインにあったということをご存知ですか?

イベリア半島がアラブに支配されていた時代にまで遡ります。

その歴史は、文化的背景や伝統料理と絡み合っており、最初は「小麦チュロス」の一種で、手早く簡単準備する方法として、山の羊飼いによってつくられたそうです。

チュロス」という言葉は巻き毛の羊をあらわすアラビア語の「チュラ」に由来すると考えられています。

確かに...言われてみれば、丸くなったチュロスは巻き毛みたいかも。

f:id:rinrinviaje:20231226210912j:image

それから時代とともに、チュロスはスペイン全土に広がり、やがてアメリカ大陸に伝わり、そして各国でアレンジされて人々に楽しまれるようになりました。

 

そして、ホットチョコレートについてですが、実はバルセロナには深〜いチョコレートの歴史があるってご存知でしたか?

ヨーロッパでは、チョコレートといえばベルギーやスイスなどが思い浮かびますが、新世界からチョコレートが上陸したのはイベリア半島が初で、コロンブスアメリカ大陸発見によるものでした。

f:id:rinrinviaje:20231226211200j:image

(ちなみに、バルセロナにあるコロンブスの塔は、アメリカ大陸を指さしてるんだよ!)

 

バルセロナはその中心となり、ヨーロッパチョコレート市場に大きな影響を与えました。

カカオがスペインに持ち込まれた当初は、非常に高価な食品として、宮殿や宗教の場面でのみ見られるものだったようです。

それから需要と供給のバランスが取れ、チョコレート製造の機械が開発され、より多くの人々も楽しめるものに変わっていきました。

 

そんな歴史、あったんだ!と私も調べてみて初めて知りました笑

こうやって豆知識を持っていくと、より旅が楽しくなりますね💓

この歴史からも、チュロスとチョコレートは、バルセロナに行くなら絶対はずせませんね!!!

 

バルセロナでおすすめのチュロス屋さん

チュロスとチョコレートの歴史を学んだところで、今すぐいきたくなっているところだと思いますが、バルセロナではどこのチュロス屋さんがいいのでしょうか?

 

私のおすすめは、CHURRERIA LAITETANA(チュレリア ライテタナ)です!

スペイン語で ”〜RIA” って語尾につくのは日本語で言う「〜屋」みたいなかんじなんだけど、チュレリアってなんか可愛くないですか???笑

f:id:rinrinviaje:20231226210746j:image

 

余談はさておき...

ライテタナは、1985年から続くバルセロナの老舗チュロス屋さん。

カタルーニャ広場からそう遠くないゴシック地区にお店を構え、多くの人から高い評価を得ているお店です。

カタルーニャ音楽堂が近いので、合わせて訪れてみてもいいかもしれません♪

 

※土曜日はやっていないようなので注意してくださいね!

 

 

CHURRERIA LAIETANA(チュレリア ライエタナ)に行ってみた

さっそく行ってみましょう!

店内に入ってみると、こじんまりとしたスペースですが

たくさんの人で賑わっています♡

f:id:rinrinviaje:20231226195626j:image

 

スペインって本当に、みんなおしゃべりを楽しんでいるんですよね〜。

その瞬間を存分に楽しんで笑っている様子、見ていてとても幸せです。

観光客の方もたくさんでした♡

 

店内では、チュロスを作っている様子ものぞけて楽しいです(^^)/


f:id:rinrinviaje:20231226195615j:image

メニューのCHOCOLATE CON CHUROS(チョコラテ コン チュロス)を選ぶと、

ホットチョコレートチュロスのセットが出てきます。こちらで3.3ユーロ。

その他にもカフェなどがありました。

(こちらは少し前の情報なので、もう少し値段はあがっているようです。)

 

ちなみに、下の写真の看板にはXOCOLATA AMB XURROSと、"X"の文字が書かれていますが、こちらはカタルーニャ語です♪

スペイン語でcon、カタルーニャ語でambは、英語のwithの意味になります!

覚えてみてね☺️


f:id:rinrinviaje:20231226195622j:image

 

いよいよお待ちかね、チュロスの登場です!

じゃじゃーん♡

見てください!このサックサク感✨

ホットチョコレートにディップしていただくと

サクサクなチュロスとチョコレートの濃厚な口溶けのマリアージュ

ホッとして、きゅんっとして、冬にぴったりの一品でした♡

 

f:id:rinrinviaje:20231226195612j:image

 

ここのホットチョコレートの嬉しい特徴は、甘すぎないこと。

こういうのって頼む時はテンション上がるのだけど、食べ終わるときには「もういらない...笑」となりがちですよね。笑

でもここのは意外と食べ切れちゃいました。

(私は甘党ですので...悪しからず)

 

2人で分けてもいいかもですね!

 

ぜひ、これからバルセロナにいかれるみなさん、行ってみてね〜✨