Rinrinviaje’s diary

世界25ヶ国以上を旅した経験から、旅のお役立ち情報や各国の魅力を紹介をします!

ウルバンバの安宿!おしゃれなロッジでペルーの大自然を満喫♡

こんにちは。りんりんです。

記事を見てくださっている方、いつも本当にありがとうございます!

 

今日は、南米ペルーのウルバンバ渓谷にあるおしゃれかわいい宿、Casa de Campo(カサ デ カンポ)を徹底リポートします!!

女子旅やカップル旅におすすめの宿です。ウルバンバ渓谷に滞在予定の方は必見♡

 

 

Lodge Casa De Campo Valle Sagrado

ご紹介するのがこちらの宿、カサ デ カンポ。

www.booking.com

f:id:rinrinviaje:20190616091828j:plainf:id:rinrinviaje:20190616093314j:plain

石造りのロッジがかわいい宿泊施設です。

f:id:rinrinviaje:20190616093125j:plain

 

いつでも出入りが可能な共有キッチンと個室の部屋に別れており、外は綺麗に手入れのされたお庭があります。お花に囲まれて一息つけるようなくつろぎ空間も設けられています!

宿につくと、オーナーのNellyさんと人懐っこいわんちゃんがあたたかく迎え入れてくれました。Nellyさんは英語も話せるので、スペイン語ができなくても安心ですね!

 

f:id:rinrinviaje:20190616093346j:plain

 

宿から数分歩くとウルバンバの雄大な景色を眺める事ができます。

f:id:rinrinviaje:20190616091657j:plain

 

15分ほど歩くと街におりてくることもできます。 

 

お部屋の様子

お部屋はこんな感じ。

f:id:rinrinviaje:20190616092246j:plain

f:id:rinrinviaje:20190616092149j:plain

インカ帝国の石組みを彷彿とさせる内装になっています。とってもかわいい!♡

 

そして思わず飛び込みたくなるふかふかで大きなベッド!

私たちは移動で疲れきっていたので、17時に寝て次の日の朝まで一度も目が覚めませんでした。笑

しっかり旅の疲れを癒すことができるお部屋ですね。笑

 

たくさん旅をされてる方はわかると思いますが、シャワーからあたたかいお湯が出るかどうかって大事なポイントです。この宿はどうかな〜?

 

ちゃんとお湯がでました!!!あったかい!♡ありがたみが身にしみますね。笑

 

コンセントはいくつかあり、スマホやカメラの充電ができます。たこ足配線を持っていくとより便利かもしれません。

インターネットは部屋にはついていないのでキッチンで使いましょう。

 

2月に私たちが宿泊した時は、他の部屋にヨーロッパから来た女の子2人が宿泊していました。シーズンによっては埋まるくらいの人が泊まるようです。

運がよければ、ヨガのイベント等も開催されているので他の旅人たちとの交流も楽しめるかもしれません!!

f:id:rinrinviaje:20190616092345j:plain

 

宿を探検!写真スポット

さて、お部屋で一息ついたところで宿のお庭の探検に行きましょう!

宿にはかわいい写真スポットがたくさん。とってもかわいい写真をたくさん撮ることができますよ^^

 

小道をトコトコ 

f:id:rinrinviaje:20190616093113j:plain

お花がたくさん咲いています♡とっても綺麗で癒される〜!

 

いたるところにくつろぎ空間があるので、コーヒー片手におしゃべりするのもいいかもしれません。

f:id:rinrinviaje:20190616093227j:plain

 

ロッジはどこも本当に可愛い!!!♡

f:id:rinrinviaje:20190616093424j:plain

f:id:rinrinviaje:20190616093158j:plain

 とってもカラフルです^^

f:id:rinrinviaje:20190616093405j:plain

f:id:rinrinviaje:20190616100929j:plain

とにかく最高!という一言につきます。

 

宿は旅の楽しさを左右する大きな要素!せっかくお金をかけて南米に行くのなら、

一泊だけでも可愛い宿に泊まりたい!

私たちは、他の街でぼろぼろの宿に泊まっていたので、もうここは天国のようでした。笑

ウルバンバの自然を宿でも味わえるのは本当に癒されます。


 

街の散策

荷物をおいて一息ついたら、Nellyさんが街の案内とランチに誘ってくれました。

地元の人から得られる情報はとっても貴重なので、元気がある方は一緒に散策するといいと思います!

f:id:rinrinviaje:20190616102229j:plain

f:id:rinrinviaje:20190616102222j:plain

テレビや教科書で見ていたような世界が目の前に広がります。全てが新鮮。

 

インカ帝国の歴史や、地元の人々の生活、おすすめのお店などローカルな人だからこそ知っていること、たくさん教えていただきました^^

 

私がNellyさんと話していて驚いたことは2つ。

一つはNellyさんが英語の他にスペイン語ケチュア語を話せるということ!この土地では、古くから固有の言語であるケチュア語が話されているんです。

実際に人々が日常の生活で使っていることがなんだか信じられませんでした。

 

もう1つは、このサボテン!食べるそうです。笑

サボテンに生えた小さなサボテンが、トゥナという甘いフルーツなんだとか。

こんなもの食べるの!?と驚きました。

f:id:rinrinviaje:20190616101907j:plain

 

他にもたくさんおもしろい発見がありましたが、今回は少しだけ。

ウルバンバの散策は他の記事でも紹介予定なので、そちらをご覧ください^^

 

宿の朝ごはん

宿泊には朝ごはんも含まれています。

朝起きてキッチンへ向かうと、自分たちの食事が準備されています。

コーヒーとペルーで飲まれている紅茶、そしてパンとフルーツ。

f:id:rinrinviaje:20190616103047j:plain

f:id:rinrinviaje:20190616103114j:plain

可愛い小屋で外のお庭を眺めながらのモーニング。

朝から素敵な時間を過ごして、これから始まる旅へのワクワク感もより一層高まります!!

 

 

オリャンタイタンボへ

朝ごはんを食べて身支度を整えたらいざ出発!

オリャンタイタンボへ向かいます。移動方法はタクシー。2人で150solesでタクシーを手配することができました。

ルートは、ウルバンバの展望台、モレイ、マラスの塩田に寄るというもの。観光している間はタクシーの運転手さんは待っていてくれます。

 

Nellyさんに前日に相談すると、次の日の朝のタクシーを準備してくれます。

運転手はNellyさんのお友達なので安全面も安心。

観光地も寄ってくれてオリャンタイタンボまで連れて行ってくれたのでとても便利でした!!

 

 

rinrinviaje.hatenablog.com

 

 

 

宿へのアクセス

宿へのアクセスは大まかに言うと以下のようになっています。

クスコ→ウルバンバのターミナル(コレクティーボ)

ウルバンバのターミナル→宿(無料の送迎)

 

クスコからウルバンバへ

 

クスコからコレクティーボ(乗り合いバス)に乗ると、1時間ほどでウルバンバのTerminal Terrestre de Urbambaに到着します。

f:id:rinrinviaje:20190616090611j:plain

 

 コレクティーボの乗り方はこちら⇩

rinrinviaje.hatenablog.com

 

 

ウルバンバのターミナルから宿へ

ウルバンバのターミナルから宿へは少し距離があるので、事前に無料の送迎サービスを頼んでおきましょう。

送迎サービスを頼む際には、だいたい何時頃にターミナルに到着予定かを知らせる必要があります。予約をする際に、設けられている備考欄に送迎を希望する旨を書きましょう。現時点で旅のプランがある方は、時間と到着場所も伝えておくといいと思います。まだ決まっていない方は、後で詳しく連絡するということを記し、わかり次第連絡しましょう。

 

ちなみに...私たちは当日まで到着予定時間がわからず、予約時に送迎サービスを要請したもののその後連絡することができていませんでした。

当日もインターネットがなかったため、迎えの連絡ができないという状況に直面しました。

それでも迎えが来ないと困る!!!ということでどうしたのか。

地元の人に電話してもらいました。笑

地元の人はみんな、困っている人がいたら助けてくれるんです。本当に優しい。笑

 

クスコでコレクティーボに乗る際に電話をしてもらい、Nellyさんに到着時刻と到着場所を伝えることで無事に迎えを頼んでもらうことができました。笑

 

そんな状況になりそうな方はこちらをチェック!

頼み方

①「迎えを呼ぶために連絡する必要があるけどネットが無いので連絡できない」ということをコレクティーボに乗ってる若物に伝える。(若い人の方がよくわかってくれます)

②電話して迎えを頼んでほしいと言う。

③宿の住所と電話番号を見せる。宿泊者の名前を伝える。

 

無事に迎えを頼むことができると、このような乗り物で迎えに来てくれます。

f:id:rinrinviaje:20190616090600j:plain

乗り込む前にはきちんと名前や行き先を確認しましょう!

 

宿泊料金と予約

気になる宿泊料金ですが、私たちが泊まったときは

なんと一泊2人で38.5ドル!一人あたり約19ドルです。激安!

支払いはドルまたはSolesで可能です。現金を準備しておく必要があります。

こんなに素敵な宿で一泊19ドルなのは日本では考えられません!

シーズンによっても値段が違うと思うので、詳しくは予約サイトでチェックしてみてください。

 

予約はこちらから⇩

www.booking.com

 

ウルバンバ渓谷を満喫しよう!!

今回ご紹介したカサ デ カンポは宿の綺麗さ、可愛さ、サービス、値段、全てにおいて大満足でした!!

ウルバンバの最大の魅力はなんといっても目の前に広がる大自然!そんな大自然を心ゆくまで堪能することができて本当におすすめです。ウルバンバは小さな街なので、街の散策と宿でのゆったりとした時間をどちらも楽しんでみてください♡

 f:id:rinrinviaje:20190616103812j:plain

ウルバンバには、渓谷を一望できる展望台があります。こちらはウルバンバからオリャンタイタンボへ移動する途中で寄ることができます。他の記事でご紹介予定なので、後ほどアップするブログをぜひご覧ください!